採用情報

社員紹介

採用情報 > 社員紹介 > 井上 真弥

井上 真弥

2006年入社

井上 真弥

東海大学文学部卒業後、パチンコ店・スパなどを展開するアミューズメント企業へ入社。店舗運営に不可欠なシステムに触れているうちにIT業界への強い憧れを持ち、前職を退職後に公立の職業訓練校へ入学。前年より入社していた同校の卒業生の紹介で当社へ入社。現在に至る。

システムエンジニアという仕事への「憧れ」があった。

前職の頃、店舗で働いているとシステムの障害や不具合で業務が滞る、ということに度々遭遇していました。そのたびにサービスエンジニアの方に対処してもらっていたのですが、「自分でどうにかできないものか」と考えたのがITの世界を意識し始めたきっかけでした。
そのサービスエンジニアの方から技術的なことを教わるうち、エンジニアという仕事への強い憧れが芽生え、間もなく前職を退職。ITの知識を学べる職業訓練校へ入学しました。学校では1年という期間を利用して、Web系の開発、サーバー構築、ネットワーク系と、広く浅くではありますが、IT系の知識を身に付けました。

卒業も迫る時期となり、自分の学んだことがどうやって仕事に活かせるかがイメージできずにいた中、学校の卒業生より当社の紹介を受けました。当社はインフラ系、フロント系の業務分野を問わず、活躍の場が数多く用意されていました。チャレンジスピリッツを奨励する社風も気に入り、ここなら自分の知識が活かせるのではないか、と感じたのが入社の決め手でした。

大手都銀のシステム統合事業に参画。

入社2年目で、大手都銀の大規模な統合プロジェクトに携わる事ができました。
私のチームは営業店にて銀行員が利用するシステムの開発でした。全体の規模でいうと、リリースまでに延べ14万人月を要した超巨大プロジェクト。リリースは新聞、雑誌にも大きく取り上げられました。
入社2年目で、一部ではありますがその様な大きなプロジェクトに参画できた事、そしてチーム一丸となってリリースまでやり遂げた事は、私のキャリアの中での誇りであり、その後の大きな自信となりました。
その後も、広告代理店のスポットシステムのリプレイス、自社のパッケージソフトの開発にも携わりました。 現在は一貫して銀行の事務システム開発に携わっています。

強い使命感を持って、システムを手がけている。

社会に欠かす事のできない、ITという分野。その分野を職業として担っていくこと。これは誰もができる事ではありません。 まずここに、大きな使命感と責任感を持っています。

銀行のような公共性の高い企業・組織で利用されているシステムとなると、その使命感はより強いものになります。その根底には私が手がけるシステムのユーザーの方々やその先にいるお客様に、前職で自分がシステムのユーザーだった頃に感じた不満を感じさせないようにしなくてはいけない、という想いがあるのかもしれません。

社内にはチャレンジ精神を奨励する雰囲気がある。

緊張感を持って日々の業務に携われるのは、オンオフを問わずチャレンジ精神を奨励する雰囲気が当社にあるからではないかと思っています。私は未経験からこの世界に入ってきたわけですが、「もっと知りたい」「覚えたい」という気持ちを前面に出す私の姿勢を買ってくれて、あえて難しいプロジェクトにも挑戦させてくれましたし、壁に当たればきちんとフォローもしてくれました。

オフの部分では、社内レクリエーションで野球の経験がない私に社内チームの監督を任せてもらえましたし、「マラソンにハマっている」と話したら社長を筆頭に「大会に挑戦しよう」とチームをつくってリレーマラソンに出場したりもしました。ちなみに私のフルマラソンのベストタイムは、2時間49分。挑戦する気持ちがある人にとっては、とても居心地がいい会社ではないかと思っています。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加