採用情報

社員紹介

採用情報 > 社員紹介 > 中村友哉

中村友哉

2016年入社

中村友哉

専修大学文学部英語英米文学科卒。父が電気通信系の仕事に就く理系出身者ということも影響し、文系出身でも技術が身につけられないかと就活を始め、IT業界を志向。当社が文系出身の先輩が活躍しており、研修制度も充実していると知り、当社への入社を決意する。

文系出身で不安のある自分を一番安心させてくれた。

IT業界を志向したのは、理系出身の父の影響が大きかったと思います。

文系出身でも技術者として活躍できるのはIT業界と就活を通じて感じ、中でもサーバやネットワークなどを扱うITインフラ系は理系文系が関係ない、と聞いたので、ITインフラをメインにする企業を選んで接点を持つようにしていました。
当社はその中の一社でしたが、文系出身であることに不安を感じる私を一番安心させてくれたのが当社でした。「文系出身の先輩もいる」「異業種から転職してきた人もいる」「資格を取得すれば給料も上がる」「研修制度も充実している」と、代表の佐藤から直接、丁寧に説明を受けました。この人のもとでなら安心して働けるイメージができたことは、入社を決める大きな要因になったと思います

ドキュメント作成業務は自分に合っていると感じる。

現在は新たなWEBサービスを導入されるお客様向けのプロジェクトにおいて、仕様書や取扱説明書といったドキュメントを作成する業務に携わっています。

大手企業の研究機関向けに、メールやクローズドの掲示板、WEB会議など組織内コミュニケーションを総合的にサポートする通信業界大手のWEBサービスを導入するプロジェクトなのですが、ドキュメント作成にあたって導入先の職員の方々に細かくヒアリングをかけ、その内容を踏まえながら、サービスの導入先に最適化したドキュメント作成を目指しています。
サーバやネットワーク機器などに以前携わっていたプロジェクトほど直接触れる機会はない業務ですが、もともと文章を書くのが好きだったこともあり、自分には合っている業務だと感じています。

「自分がつくった」と誇れる仕事を任される。

まだ部署自体ができたばかりということもあり、メンバー全体が手探りで業務を行っている部分が多くあります。

現在、自分は一つのWEBサービスに関するドキュメント一式の作成を任されています。
ドキュメント作成は、ある程度のフォーマットはあるものの、ドキュメントに記載する内容は、自身が精査し編集する必要があります。
前提として、WEBサービスの公式マニュアルを読みながら、そのWEBサービスに関する機能の洗い出しを行い、ドキュメントに記載する内容の取捨選択を行います。

勿論、実際にそのサービスを操作して、実際の挙動の確認も行います。
単純に文章を書くだけでなく、表や図、WEBサービス操作時の画面キャプチャをドキュメント内に挿入することで、何よりもわかりやすさを心掛けています。

自分がメインとなって業務を行う経験は今回が初めてのことだったので、各ドキュメントを作成し終わった後の喜びや達成感は、言葉では言い表せないくらい大きかったです。

こうした「自分がつくった」と誇れる仕事を任される機会があるのは、当社で働くやりがいの一つだと思います。

独自の制度や仕組みがあるのが大きな魅力。

冒頭でも述べた通り、入社前には自分が文系出身だからという不安もありました。しかしその不安を払拭できたのは、当社独自の研修制度のおかげだったと今は思っています。

たとえば先輩SEが講師となって現場に臨むための知識を教えてくれる講習などは実務的で入社後の参考になりましたし、本社のラボルームにはかなり高度なサーバ・ネットワーク環境が整っているので実務研修を行うには優れた環境だと思います。
それに資格を取得すれば資格手当がちゃんとつくので、がんばろうという気持ちにもなれる。実際にCCNAとLPICは、私も取得しています。

また同じお客様先だけど部署が違うのでふだんは交流がない、という人たちが集まって行われる「エリアミーティング」もあり、同じ会社の仲間同士で一体感が持てる環境が整っているのも、当社で働く魅力の一つだと思っています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加