採用情報

社員紹介

採用情報 > 社員紹介 > 石田 皓大

石田 皓大

2013年入社

石田 皓大

大学で経営学を学び、就活では経理の仕事を志望するも、なかなか間口が狭いということに気づいて途中からIT業界に視野を向ける。しかし業界研究を丁寧に行ったため、卒業時までには就職先が決まらず、卒業後にハローワークからの紹介を受けワンブリッジへ入社。

会社の考え方に共感。入社を決意した。

大学時代の就活で感じたのは、自分が志望する経理の仕事はどんどんシステムに代替されている、ということでした。そしてシステムへの代替は経理の仕事だけでなく、あらゆる業界・分野の仕事に波及していると考えたことが、IT業界への関心を持つきっかけでした。
しかしながら文系出身の自分がIT業界の企業に受け入れてもらうことはできず、大学卒業後には第二新卒扱いとなるため、業界未経験という条件での就職活動はなかなか厳しいものがありました。

当社との出会いはハローワークからの紹介でしたが、ワンブリッジ採用担当者からワンブリッジは創業時から「全ての人に、ありたい姿への機会を」という考えを持って事業を行っていると伺い、自分を受け入れてくれる感じがしたこと、そして「人を見て、どう育てていくかを決める」という会社の育成方針に共感できたことが、入社を決意したきっかけになりました。

思った以上にコミュニケーション能力が求められる。

現在は銀行の業務支援システムに、SEとして携わっています。

具体的には、銀行の利用者の情報を銀行員の方が新規登録や変更する際に使用するWEBアプリケーション、と言えばイメージできるでしょうか。たとえば銀行の利用者が通帳を失くされた際、紛失の申請を出す時に使用されます。
このシステムにおいて、基本設計を担当する方からその内容をうかがい、それを実現するための詳細設計からプログラミング、単体テストや結合テスト、さらにはリリース後の保守・運用に至るまでを私が担当しています。

プログラミングをやっている時はパソコンとにらめっこ状態になりますが、基本設計を担当した方やその関連部署に至るまで多様な人と接点を持ったり、折衝したりという場面も多く、思った以上にコミュニケーション能力が求められる仕事だと感じています。

裁量の大きな仕事を任され、成長を実感できている。

現在のプロジェクトに携わるようになって、2年ほどが経過しました。

プロジェクトに入ったばかりの頃はテスト業務が中心で、正直なところあまり面白みは感じていませんでした。ですが1年くらいが過ぎた頃から、上司が「やってみなよ」と自分の裁量を与えてくれるようになり、自分の責任のもとでタスクをこなせるようになってきてからはずいぶんと仕事が楽しくなってきました。
また裁量が大きくなったことで、それまでやってきたテスト業務の大切さもわかるようになってきましたね。

それに現在のプロジェクトで主に使っている開発言語がJAVAなので、業務を通じて他にも応用の効く技術やノウハウが身についてきている実感もあり、日々成長できているという喜びも感じられるようになりました。

お客様先で聞く当社の評判は、すこぶる良い。

将来的には、基本設計といったいわゆる「上流工程」の部分にも携われるような力も身につけたいと思うと同時に、プログラミングスキルを磨いていくことで、幅広いフィールドで活躍できる人材になりたい、と考えています。

現在携わっているプロジェクトは、まさにそんな自分の想いを叶えるのに適したプロジェクト。言ってみれば当社は、一人ひとりの志向や想いをしっかり汲みながら成長を促してくれる会社だと思います。

そんなスタンスで人材採用・育成を進めているからか、お客様先で聞く当社の評判はすこぶる良い。「ああ、ワンブリッジって、●●さんの会社だよね」と、好意的に受け止めていただけることが多く、先輩や上司のおかげで自分も高く評価していただけている、と実感しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加